税理士相場 > お役立ち情報 > ポイントの税金について

ポイントの税金について


ポイント活用していますか?

今は色々なお店でポイントがあります。
実店舗でも各店舗でポイント制を導入しており、ポイントに応じて次回のお買い物から値引きをしてくれるという事がほとんどです。
お得感がある事から、ポイントの貯まる会員カードを1枚は持っているという方がほとんどでしょう。
また、インターネットにはポイントサイト等があり、何らかの形でポイントを貯める事で商品と交換出来たり、キャッシュバックなどのサービスを受ける事が出来る場合もあります。
イイ事ずくめのポイントですが、なかには注意しなければならない場合があります。

ポイントにも税金がかかる!?

実は、ポイントでも税金がかかってしまう場合があります。
それは、ポイントを貯める為の行動で得たポイントを、ある一定を超えて使用した時です。
基本的に、インターネット上であれ実店舗であれ、貯めたポイントを次回のお買い物でしか使えないという場合のポイントは、あくまでもおまけです。
これは値引きという事になり、「所得」には含まれないので課税対象にならないのです。
ところが、アフィリエイトやポイントサイトで得たポイントは、雑所得に分類されます。
ポイントを取得するという行為が仕事とみなされ、ポイントは対価とみなされます。
そして、ポイントは取得した時ではなく、使用した時に収入を得た、と判断されるのです。
このように、税金がかかるポイントがあるという事をきちんと認識していないと、後々大変な事にもなるので気をつけましょう。

ポイントの税金について

ポイントをキャッシュバックや電子マネー等に交換しても、その場で税金がかかるわけではありません。
他に仕事をしていて給与を貰っているサラリーマン等のばあいは、雑所得の合計が20万円以下であれば課税されません。
専業主婦などの他に所得が無い人の場合は、38万円までは課税されません。
課税されない以上、申告も必要ありません。
しかし、20万円、もしくは38万円以上の所得になりそうな時には、きちんと領収書を取っておくようにしましょう。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

税理士の相場に関して

依頼内容別の相場

お役立ち情報