税理士相場 > お役立ち情報 > 会社員の必要経費による節税

会社員の必要経費による節税


会社員も節税する時代になりました

一般的に、会社員は節税等という言葉とは無縁な気がします。
節税に躍起になっているのは、自営業の方というイメージを持っている人も少なくないでしょう。
しかし、少しでも賢くお金を利用したいと思う場合、全てを会社に丸投げにしておくのではなく、自分でも税制や節税について学んでみるのも大切です、
会社員も必要経費によって節税を考える時代になったのです。

会社員の必要経費って何でしょう?

自営業の人が、仕事に関係した経費の領収書をきちんと貰っているのを見た事がある、という人も多いのではないでしょうか?
仕事の為に必要な物を買えば、それは必要経費と呼ばれます。
そして、サラリーマンであっても必要経費が一定額を超えた場合、特別支出控除という制度が利用出来ます。
該当するのは、通勤費・仕事に必要な研修費用・仕事の為に必要な資格取得の費用・単身赴任等の帰宅費用・転勤による転居費用・仕事に関する本や衣料や交際費等、の6種類です。
ただし、かかった費用が全て認められるわけではありません。
例えば、単身赴任の人が帰宅する場合、1ヵ月に4往復までは特定支出と認められますが、それを超える分は認められません。
仕事に関する本や衣料等の必要経費とは、スーツや新聞・雑誌・書籍等が含まれますが、年間の上限は、合計で65万円までとなっています。
また、会社から全額補助を受けている場合は、通勤費や研修費は特定支出と認められません。

どうすれば分からない場合は?

ぜひ節税に励みたいと思ったサラリーマンの方で、よく分からないという場合には、仕事に関する領収書をきちんと保管する事から始めてみましょう。
必ずしも該当するかは分かりませんが、あとから公開する事になるくらいなら、ダメ元でも保存しておく方が賢明です。
どうしても困ったら、税理士に相談するという方法もあります。
また、領収書以外に、勤務先から「仕事に必要なものだ」という証明書も貰う必要があるので、勤務先において特別支出控除を扱う部署を、事前に確認しておく事も大事です。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

税理士の相場に関して

依頼内容別の相場

お役立ち情報