税理士相場 > 依頼内容別の相場 > 会社設立の相場

会社設立の相場


新たに会社を設立する際、融資を得たり様々な申告書類を作成したりと手間がかかります。
また、申告書類の出来次第で融資を得られる可能性も上下するなど、書類作成は非常に慎重に行う必要があります。
個人で行い、不備があったり、あまりに現実味にかけた内容だと、融資を得ることが出来ず会社設立が実現しないこともあります。
そんな時は税理士のサポートを受けると、スムーズに行うことが出来るのでお勧めです。
今回は会社設立のサポートを依頼した際の税理士報酬の相場についてご紹介しましょう。

会社設立の際に行うこと

まずは会社設立の手順についてご紹介しましょう。
「類似商号」を念の為に調査する、これは社名のことで、会社設立において同じ社名がないか、同じ住所に同一社名の法人がいないかどうかを確認します。
その後、印鑑の作成、定款の作成を行います。
定款とは、会社の目的や組織など、基本的な事項の規定です。
作成したら定款の認証を受けます。
出資金の払い込み、設立登記の申請を行い会社が設立され、その後税務署や社会保険事務所などに書類を提出します。
大まかな流れを書きましたが、会社設立の際には様々な申告書類を作成しなければなりません。
また、金融機関に融資の依頼をして出資金の捻出もしなければならないでしょう。
税理士は会社設立までの書類作成や資金調達のサポートも行っています。
部分的に依頼することも、完全サポートを依頼することも出来ます。
税理士に依頼するメリットとしては、申告書類などを完璧に仕上げることが出来たり、金融機関に受けるような決算書や事業計画書を作成してくれる点です。
金融機関の受けのよい申告書類を作成できれば、融資もスムーズに受けることが出来ます。
また、きちんとした現実的な事業計画書を税理士と共に作成することは、会社設立後の経営にも役立ちます。

会社設立の税理士報酬の相場

税理士事務所によって、また完全サポートなのか、部分的なサポートなのか、案件の難易度によっても異なりますが、会社設立を完全サポートしてもらう場合、大体30~40万円前後が相場となっています。

(参照元:大阪で会社設立なら【大山俊郎税理士事務所】)

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

税理士の相場に関して

依頼内容別の相場

お役立ち情報