税理士相場 > お役立ち情報 > 個人事業から法人化するメリット

個人事業から法人化するメリット


個人事業と法人って何が違うのでしょう?

個人事業というと自営業の人、法人というと株式会社、というような大まかなイメージを持っている方が多いです。
起業を考えていない人にとっては全く関係の無い話ですから、知らなくて当然とも言えますが、知っておくと後々もしも起業する時には役に立つかもしれません。
個人事業と法人の大きな違いは、個人が全責任を負うか、法人が責任を謳歌という違いです。
法人というのは「法律の解釈で人になった人間以外のもの」という事です。
人間のように権利義務の主体となれます。

法人のメリット何でしょう?

法人のメリットは、社会的なイメージの良さです。
個人事業主よりも信用度が高く思われる傾向があり、大手企業との取引も比較的簡単に行えるでしょう。
イメージの良さや信用度の高さのバロメーターとも言える金融機関からの融資も、個人事業よりも受けやすくなります。
個人事業であれば保証人を要求される事も少なくありませんが、法人であれば資本金が登記簿で確認出来る、事業と経営者のプライベートが明確に区別される等の理由から、個人事業よりは融資が受けやすいでしょう。
また、融資を受ける場合、個人事業であれば、事業主本人の借り入れです。
事業に失敗した場合、借りているお金は自分の持ち物(財産)を売ってでも返済しなければなりません。
しかし、法人であれば、法人としての借り入れですから、経営者本人の借り入れではありません。
もしも返済出来なくなった時には、法人としての財産内での返済となり、経営者本人の財産は守られます。
他に、法人では経営者に役員報酬を払い、それを経費にする事が出来るので、節税になるというメリットもあります。
家族に役員になって貰い役員報酬を払う事も出来ますから、所得の分散によって経営者の所得税や住民税を節税する事も可能になります。
そして、法人税は一定である事も法人化のメリットです。
個人事業であれば所得に応じて税率が増えますが、法人税はどれだけ大きく稼いでも上限より税率が上がるという事がありません。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

税理士の相場に関して

依頼内容別の相場

お役立ち情報