税理士相場 > お役立ち情報 > 出産における補助制度

出産における補助制度


残念ながら、日本は特に少子化が進んでいます

今は、子供の数がとっても少なくて、1学年1クラスという小学校もあります。
しかも学年に1つしかないクラスの生徒数も20人未満であるケースもあり、団塊の世代等と比べると、驚く程子供が少なくなっているのです。
男女ともに晩婚化が進んでいます。
結婚が遅いという事は女性が生産める子供の数も、どうしても少なくなってしまいます。
また、結婚したからには子供を産まなければならないという時代は終わり、子供を産まないという選択をする自由も認められるようになりました。
そして、最も大きな理由としては、景気の悪化や非正規雇用の増加が挙げられます。
景気が悪いと正社員であっても給料は一向に増えませんし、非正規雇用の場合はもともと安定感がありません。
男性は妻子を養えないので結婚に躊躇ってしまう、結婚しても子供を望めない、というのは当然の流れだと言えるでしょう。

出産にかかる費用とは?

妊娠は病気ではありませんから、保険が適用されません。
だからこそ、色々な出産における補助制度が用意されています。
まず妊娠が分かった後出産までの間には、病院で妊婦健診を受けなければなりません。
これは普通に受けると1回5千円程、採血等の特別な検査があると1万円以上かかる事もありますが、それを助成してくれる制度があります。
地方自治体によって助成方法や助成額に違いがあるので、事前に調べるようにしましょう。
健康保険に加入している場合、出産一時金として42万円が支給されます。
出産する時には入院しますが、平均的に50万円程の入院費が必要になると言われています。
地方によっても差がありますし、個人病院か総合病院か等によっても変わってきます。
産後にエステが受けられたり、入院中は母体に配慮した特別メニューの美味しい食事が味わえたり等のサービスがある個人病院では、入院費が80万円になる事もあります。
出産において助成がある事を知っていると、子供産む事に対して前向きになれるのではないでしょうか?

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

税理士の相場に関して

依頼内容別の相場

お役立ち情報