税理士相場 > お役立ち情報 > 法人決算の注意点

法人決算の注意点


経営者にとっては大変気が重い決算期

どんな大企業であっても、どれだけ日本経済に貢献していても、決算は避けられません。

少なくとも年に一度は、必ずやってきます。

決算とは、年度の締めくくりに収支をまとめたり、今現在の会社のお金がどうなっているのか、税金をいくら払わなければならないのか、等を知る為に必要な、会社における一大イベントです。

決算はとても面倒な作業である為、経営者にとっては頭が痛くなる時期です。

税理士に丸投げする経営者、自分でコツコツ頑張る経営者、起業したばかりで初めての決算をむしろ楽しんでいる経営者等色々でしょうが、ほとんどの経営者は決算を面倒に感じています。

しかし、面倒だからと適当に行うと、払う必要のない税金を払わなければならないというケースもあるので、慎重に行いましょう。

決算の前に注意する事

まず決算を行う前に、常日頃から経理処理を溜めこまないようにしましょう。

決算はまだまだ先たしまた今度処理しようと後回しにして、決算期に領収書や通帳を見て、何の取引かを全て正確に思い出せる人は、ほぼいません。

このお金は何のお金だろう、という事を思い出しながらだと、なかなか進みません。

自力で思い出せない場合は、会社のみんなに聞いたり、時期的に関わる書類を探したりと、かなりの手間と時間がかかりますし、恥ずかしい思いをしなければならなくなります。

また、領収書を紛失してしまうという事も起こりやすくなります。

日頃から経理処理は小まめに行う事が大切です。

法人決算の注意点とはどのような事でしょう?

決算の修正の多くは、売上、費用の計上に集中しています。

例えば、入金が無くても、収益が実現している物の場合は、その期間の収益に計上しなければなりませんが、入金がないからと収益に計上し忘れるという事があります。

逆に、支払いがまだであっても、債務として確定しているのであればその時期に計上します。

このように、現実のお金の動きと、決算の期間とに注意が必要です。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

税理士の相場に関して

依頼内容別の相場

お役立ち情報