税理士相場 > お役立ち情報 > 法人税節税のコツ

法人税節税のコツ


納税は義務だけど…

国に税金を納める事は日本に住むものとして当然のこととされています。
法人でも同じです。
利益があれば、法人税として税金をきちんと納めなければなりません。
もしも所得を隠して納税を逃れたりすると、10年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金に処せられる事もあるので、注意が必要です。
しかし、出来るだけ納める税金が少なくなれば負担が軽くなるので助かる、と思っている企業経営者も多いでしょう。
そんな時、大切なのが節税です。
法人税の節税のコツを掴めば、少しでも税金の負担を少なくする事が出来るのです。

法人税節税のコツとは?

法人税節税にはいくつかのパターンがあります。
まずすぐ出来る事としては、広告宣伝による節税です。
売上を増やす為に広告や宣伝を行う事は、大切な企業努力です。
広告宣伝を行う事は売上アップの為に必要な事であるとともに、節税にも繋がりますから、積極的に利用していきましょう。
また、在庫商品等の価値が仕入れ時よりも下がっている場合、評価損として計上する事も出来ます。
それ以外にも、必要な消耗品をまとめて買っておく事もおすすめです。
消耗品は、一つ一つは少額な物であっても年間の使用額で考えると意外と大きなウエイトを占めている事も少なくありません。
利益が出ている年度のうちに買ってしまうと良いでしょう。
他には、売掛金や貸付しているお金があって、どう考えても回収できる可能性が低いと思える場合には、貸し倒れ損失を計上するのも大切です。
福祉面での節税方法や役員報酬に関する節税方法もあります。
一つ大切な事は、節税は脱税とは違う、という事です。
正しい知識を持たず、大丈夫だろうという素人考えで節税したつもりが、違法だったという事にもなりかねません。
自分で節税に関する勉強をするのも良いでしょう。
知識を学んでいる余裕がない・面倒だなぁという場合には、思いつきですぐ行動したりせずに、税理士などの知識と経験のある人に相談するようにしましょう。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

税理士の相場に関して

依頼内容別の相場

お役立ち情報