税理士相場 > お役立ち情報 > 特例給付金とは

特例給付金とは


消費税が上がりました

2014年4月から消費税が上がりました。
それまでは、5%だったのが3%上がって、8%になった事は記憶に新しいでしょう。
たった3%の違いですが、日常的に何かしら購入する消費者からするとやはり違いがありますし、高額商品であればなおの事です。
また、2015年には10%にまで引き上げられる可能性があり、家計を預かる主婦の方にとっては頭の痛い問題です。
しかし、消費税は安定した税収ですから、確実に国の予算が潤うという事でもあります。
国の予算が潤えば、社会保障等が安定するという事にも繋がりますし、公共事業が増える事も見込まれます。
公共事業が増えれば民間企業も潤い、さらに経済の活性化にも繋がるというメリットがあります。
もちろん、デメリットもあります
特に大きなのが、国民一人一人の負担の増加、特に低所得者層にとっては死活問題になりかねない可能性があるという事です。
また、いくら公共事業でお金を回そうとしても、多くの国民がお金を使おうという気持ちにならなければ、経済は停滞してしまいます。

負担を軽減してくれる給付金

消費増税に伴って負担が増えるのですが、特に大きな負担を抱えるであろうと思われる子育て世帯や低所得者世帯に対して、給付金が決まりました。
それが、「臨時福祉給付金」と「子育て世帯臨時特例給付金」という2つの特例給付金です。
臨時福祉給付金は、住民税の非課税者であれば1万円が給付されます。
子育て世帯臨時特例給付金は児童手当の受給者という条件はありますが、条件さえ満たせば子供1人につき1万円の給付が受けられます。
給付対象児童は中学校卒業までですが、2014年1月1日が基準日となっていますから、支給日に中学を卒業していても給付対象となります。
ただし、基準日に住民登録していた市区町村に申請が必要となっています。
各市区町村によって詳細な申請方法には違いがありますし、申請受付開始にもバラつきがあるようですから、対象者の方はしっかり確認しておきましょう。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

税理士の相場に関して

依頼内容別の相場

お役立ち情報