税理士相場 > 依頼内容別の相場 > 相続税の相場

相続税の相場


誰かが亡くなった時にその財産を相続されたりする場合に発生した「相続税」は、相続した側に支払う義務があります。
子供や孫に財産を贈与したり、夫の貯蓄を贈与されたりする場合は「贈与税」というものを支払うことになりますが、相続税と似ているようでやや中身が違いますので、分からない場合はこれも税理士に相談しましょう。
相続税や贈与税を支払う際には、様々な申告が必要になります。
特に遺産相続には相続人の確定など難しい部分もありますので、税理士に依頼をするのが妥当でしょう。
今回は相続税の申告作業を税理士に依頼した場合の相場についてご紹介しましょう。

相続税対策は事前に行っておくとお得

税理士が提供できるサービスには、亡くなった後で相続税を支払う為の申告のお手伝いだけでなく、事前の税務相談、いかに節税できるかなどもアドバイスしています。
相続税は亡くなる前から様々な対策を考えておくと合法的な節税が可能になるので、事前の相談をするのがよいでしょう。
例えば空いている土地にアパートやマンションを建てたり、事前に生命保険に入っておくなども節税対策になります。

税理士選びのポイント

相続税は土地や建物も関わってきますので、税理士を選ぶ際は不動産の財産評価に関する知識や経験が豊富な方にしましょう。
不動産の財産評価で、相続税額が大きく変わることもあります。

相続税の税理士報酬の相場

相続税申告の代以降を税理士に依頼する場合、その報酬は事務所によってだけでなく相続金額の規模によっても大きく変わります。
数万円の報酬で申告を完了させられる場合もあれば、相続財産が膨大な分税理士の作業も多くなり、数百万円を報酬として税理士に支払う場合もあります。
一見すると高いと思われるかもしれませんが、相続税の申告に至る様々な経緯を考えると妥当な金額と言えるでしょう。
例えば企業家や資産家など普段から帳簿をきちんとつけている方の場合は別ですが、個人の場合は帳簿などまったくつけていない場合も多いですよね。
その場合は全て調べ上げ、戸籍謄本を取り寄せるなどして相続人の確定をしたり、土地・建物・株式・預貯金など、財産が相続税の評価の上でいくらになるのかを税理士が計算したりしなければならないのです。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

税理士の相場に関して

依頼内容別の相場

お役立ち情報