税理士相場 > 依頼内容別の相場 > 確定申告の相場

確定申告の相場


企業だけでなく、個人で仕事をされている方も税理士・会計士事務所を利用することが多くなるのが、毎年3月の確定申告の時期です。
今回は確定申告にかかる税理士報酬の相場について、簡単にご紹介しましょう。

確定申告って何?

「確定申告」とは、「申告納税制度」のことを言います。
全ての納税者が自ら収入や経費等の申告書を作成して税務署に提出し、税金を支払うことを言います。
毎年3月15日までに企業や個人事業主など、収入を得た全ての納税者が提出する義務があります。
ただし、アルバイトや会社員など企業の従業員として収入を得ている方は、会社が全従業員の確定申告をまとめて行っている為、個人での申告は必要ありません。
所属する企業から配られる「年末調整」が、会社員のプチ確定申告となります。
確定申告には、「青色申告」と「白色申告」があり、簡易的な「白色申告」の方が税理士報酬も安くなりますが、細かく申告する「青色申告」の方がいくらか報酬が高くなる代わりに、納税額を少なくすることが出来る場合もあります。

税理士の提供するサービス

税理士は、節税や税金対策のアドバイスを行う税務相談、税務申告書類の作成代行、記帳代行、給与計算代行、役員報酬の規定、税務調査時の立会など様々なサービスを行っています。
年末調整や確定申告の申告書類の作成代行も行っており、多くの企業や個人事業主の方が利用されています。

確定申告の税理士報酬の相場

顧客の規模や売上高、従業員数、希望するサービス内容、そして税理士事務所により異なりますが、大体の相場は以下の通りです。
例えば個人事業主で白色申告で申告する場合、税理士報酬は3~5万円程度、青色申告ならば5~7万円程度が相場となっています。
この際、自身では記帳も何もしておらず、一から全てお願いする場合は高い方の金額になり、記帳などがきちんとされており、またある程度内容が整理されていると安い方の金額になることが多いです。
税理士報酬のほとんどは税理士の人件費ですから、税理士にどの程度の手間をかけてもらうのかで金額は左右します。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

税理士の相場に関して

依頼内容別の相場

お役立ち情報