税理士相場 > 税理士の相場に関して > 税理士 相場 個人事業主

税理士 相場 個人事業主


零細企業や個人事業主(フリーランス)では、経理担当者を採用していない場合も多くあります。
帳簿つけや決算の時の為に経理を雇うには、人件費が高くつきますし、それほどの人件費を使うほどの余裕がない・必要がないなどと言う場合もあるでしょう。
とはいえ、日々の業務に加え、決算時の申告書類作成を行うのは、なかなか時間が取れないということもあります。
また、経理や税法に関する知識が乏しいと、帳簿つけや申告書類作成が上手く出来なく、ただでさえ全て一人でやっていて忙しいのに、日常の業務がおろそかになってしまうこともあるでしょう。
そんな時の為に、必要な時期にのみ顧問税理士を雇い、必要な作業を行ってもらってその分の報酬を支払うという方法が重宝されています。
経理の人件費を払うよりも安く済みますし、税金の専門家を雇うことで節税に関するアドバイスをしてもらえ、無駄な税金を減らすことが出来るなど大きなメリットもあるのです。
今回は個人事業主が税理士を利用した場合の税理士報酬について、簡単にご紹介しましょう。

税理士の提供するサービス

まずは税理士が提供しているサービスをご紹介しましょう。
税務申告書類の作成代行や記帳代行以外にも、税務相談や給与計算など様々なサービスがあります。

顧客の規模により税理士報酬は違う

どのサービスを利用するにしてもそうですが、顧客の規模により、作業にかかる時間も多くなる為、税理士報酬も変わってきます。
特に従業員の給与計算や年末調整などは、従業員数×一人当たりの単価になります。

税理士報酬の相場

収益や従業員数、依頼したサービスの内容により税理士報酬は変わりますのであくまで参考ですが、税理士報酬の相場は以下の通りです。
年間売上3,000万円以下の会社の場合で月額5万円程度、7,000万円以下の会社で7万円程度、1億円以下の会社で8万円程度、3億円以下の会社で10万円程度となります。
個人事業主ならば大体年間売上3,000万円以下の企業の相場と同等か、それ以下になるので、2~5万円程度が顧問料の相場でしょう。
また、決算時の報酬は、大体月額の税理士報酬の4~6ヶ月分になるのが一般的です。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

税理士の相場に関して

依頼内容別の相場

お役立ち情報