税理士相場 > 依頼内容別の相場 > 記帳代行の相場

記帳代行の相場


平成14年までは税理士法により税理士法の規定により税理士報酬の最高限度額が決められていましたが、この規定が廃止になって以降、現在では事務所により料金設定を自由にされています。
とはいえ、現在でもほとんどの税理士事務所ではかつての報酬規程を元に基準を定めており、以前よりも高くなったというわけではありません。
税理士は現在供給過多の状態でもあり、競争が激化しなるべく安い報酬でも良いので顧客を得ようとする事務所も増えています。
特に起業したての税理士は料金設定を安くしていたり、値下げ交渉にも柔軟に対応する場合も多くなっています。
今回は税理士に記帳代行をお願いした場合の相場について、簡単にご紹介しましょう。

記帳代行とは?

まずは記帳代行についてですが、記帳とは、お金の出し入れを管理する帳簿の記入のことで、その記帳を企業や個人に代わり行うのが記帳代行サービスです。
税理士の主な業務の一つになっています。
記帳代行サービスでは、仕訳日記帳、残高試算表、損益計算書、賃借対照表、総勘定元帳、決算書、売掛帳、買掛帳など様々な書類を企業や個人に代わり行います。
仕訳の仕方などはある程度経理の専門知識がないとわからないこともあり、記帳に苦労して本業に集中できない・経理の人間を常駐させ人件費を払うくらいなら、必要な時だけ税理士などの専門家に任せた方が安く確実ということで、このサービスを利用される企業や個人事業主も多くいます。
記帳代行を税理士や会計士に依頼するメリットには、経理社員の人件費の削減や、記帳業務から解放される利便性、そして節税に関するアドバイスを貰えたり、節税を考慮した処理をしてもらえることもあり、支払う税金を少なく出来ることもあります。

記帳代行の税理士報酬の相場

事務所により異なりますので、大雑把な金額になります。
記帳代行の場合、仕訳の数により金額が決まります。
仕訳とは、伝票の数、入金・出金の数など、お金が動いた数になります。
100仕訳以下で月額顧問料は1ヶ月1.2万円、200仕訳以下だと2万円、300仕訳以下だと2.5万円、500仕訳以下だと3万円、1000仕訳以下だと5万円が参考相場となります。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

税理士の相場に関して

依頼内容別の相場

お役立ち情報