税理士相場 > 依頼内容別の相場 > 資金調達の相場

資金調達の相場


起業の際に必要な資金繰りですが、税理士は資金調達のお手伝いもしています。
今回は資金調達の支援を依頼した際の税理士報酬の相場についてご紹介しましょう。

資金調達のポイント

起業の際に融資を得る場合、実績がない分金融機関は「事業計画書」を重視します。
事業計画書というただの紙だけで判断して、1,000万円もの融資を要求するのですから、その事業計画書には相応の説得力のあるものが求められます。
金融機関に提出する事業計画書は、その数字で説得するほか、「きちんとした事業計画書を作れる人かどうか」という見極めの意味合いもあるのです。
自分がこれから行うビジネスはどういった事業なのか、そのビジネスは儲かるのか、そしてビジネスは実現可能かどうか、これらがきちんと記述された事業計画書が、ビジネスをする上で最も重要なものになります。
適当な事業計画書で事業を成功させようとするのは、直観だけで経営を行うことと同じです。
いくら練りに練った計画でも、現実離れしすぎていればやはり失敗の元になりますし、「机上の空論」として金融機関から一蹴される可能性もあります。
税理士が支援する内容には、失敗しない事業計画書の作成も行っています。
ポイントとしては、「全体的につじつまがあっているか」、「借りたお金を何に使うのか」、「その事業はしっかりと儲かるのか」、「返済はできそうか」です。
これらのポイントを踏まえて事業計画書作成をサポートし、その後、借入の為の金融機関の選定や紹介、その時々にあった融資制度の選定や紹介、金融機関に受ける決算書の作成や税理士の署名入りの決算書の作成を行います。
個人で行うよりも融資を得やすくなるのが、税理士の支援を受ける大きなメリットです。

資金調達の税理士報酬の相場

税理士事務所やどこまでのサービスの提供を希望するのか、案件の難易度によっても異なりますが、起業を完全に代行してもらう場合、大体30~40万円前後が相場となっています。
資金調達だけの依頼の場合ですと、20万円前後と考えておきましょう。
融資額が大きくなれば、その分税理士報酬も高くなります。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

税理士の相場に関して

依頼内容別の相場

お役立ち情報